弁護士に相談する


借金の返済期日に返済することができず、その状態が継続してしまうことがはっきりしているようであれば、弁護士に相談しましょう。費用の心配は要りません。今は電話やメール、直接事務所へ行く、出張での相談が無料になっている法律事務所が多数あります。

借金の状況によっては、債務整理を検討することになりますが、債務整理は自己破産だけではありません。自己破産のように借金が全額免除になるわけではないものの、大幅に減額して、なおかつ家などの高価な財産を残しつつ、減額後の借金を数年で分割払いしていく、特定の仕事に就けなくなるようなこともない方法もあります。

また、住宅ローンを組んでいる人はその返済は続けなければいけない債務整理の方法もありますが、弁護士に債務整理を正式に依頼することにより、手続きが確定するまでのあいだは返済をしなくても良くなります。手続きが確定すれば、その後の返済負担も大幅に軽くなります。

債務整理の依頼でかかる弁護士費用も、分割払い、後払いが可能な法律事務所は少なくありません。債務整理をすると信用情報機関にその記録が長年にわたって残り、新たな借金は記録が削除されるまで困難にはなりますが、借金をするような生活を送らなければどうということはないでしょう。

参考【借金返済の無料相談-弁護士法人アディーレ法律事務所


借金で借金返済をしない


借金の返済に苦しんでいる人がやってしまいがちな間違った対処のしかたが、借金で借金の返済を行なうことです。まだ、借り換えのように今ある借金を新たに借りたところの借入額で完済し、あとは新たに借りたところ一社のみに一本化して返済していくというのは良い対処法といえますが、それ以外はあまり賢明な方法とはいえません。

借金で借金を返すと、先に借りていたところと、そこに返済するために借りたところの2社に対し返済していくことになります。その人の収入にもよりますが、返済するところが倍になるということで、負担は単純に倍になります。借金で借金を返すことで、その月はなんとか延滞を免れても、翌月にはまた返済するのが難しくなってしまう可能性が高いです。そうなるとまた別のところからお金を借りようとして、となれば立派な多重債務者です。このような借金の返済のしかたは、近い将来、返済不能に陥ってしまいます。

返済不能になってしまうと、残された道はほぼ自己破産しかありません。申立てを行ない手続きが確定すれば、法的効力で借金の残額は全部免除されますが、最低限のお金以外、預金、家、車などは全部返済にまわされてしまいます。特定の職業に就くことも制限され、官報にも掲載され、信用情報機関に自己破産の記録が長年にわたって残り、新たな借金をすることはほぼ不可能になってしまいます。


借金を放置しない


給料のダウンや失業などで収入が減ってしまったり、浪費をしてしまって支出が多くなってしまったりして、今している借金の返済が苦しくなることがあります。この場合、そのまま期日に返済することなく、ほうっておくのは一番よくありません。返済が滞りそうであれば、借りているところにすぐに連絡しましょう。場合によっては、支払いの期日を延ばしてくれる可能性があります。ただ、元の支払期日の翌日から、遅延損害金は発生してしまいますが、この程度で済むのであればまだ良いほうです。

返済遅れの連絡もなく放置していると、借りているところから電話や手紙などの形で請求がきます。無視していれば支払督促の通知が届いて、借金残額の一括返済が要求されます。信用情報機関には事故情報が記録され、新規での借金の審査に通ることは非常に困難になります。

返せない状況での一括返済は余計に無理ということで、無視を決め込んでいると、事態はさらに深刻さを増します。借りているところが法的手続きをとり、給与が差し押さえられてしまったり、銀行口座が凍結してしまったりします。できれば返済が滞る前に支出の見直しや人に頼るなどして延滞を回避したいところですが、無理な場合には最悪の事態に陥る前に、できる限り早い段階で借りているところに連絡をしましょう。


借金の返済法を模索する


今ある借金の返済が難しくなりそうな場合、実際に返済が滞ってしまう前に対処するのが最善です。何をするのかといいますと、主な方法としては3種類あります。ひとつは収支の見直しをする、もうひとつは収入を増額する、そして残りのひとつは人に頼るです。

まず収支の見直しをするに関してですが、とくに支出の見直しをすることが大切です。無駄遣いになっているところは徹底的に省きましょう。とくにギャンブル、タバコ、お酒、外食はやめることでの節約効果は高いです。

支出を減らすことでもまだ返済が滞ってしまいそうな場合には、収入を増やしましょう。日払いの仕事のように、すぐに現金が手に入る方法は多くあります。長期的に返済が苦しくなるような場合には、ダブルワークの継続も検討しましょう。これで返済ができるようであれば、ひとまずは安心です。

そして人に頼るに関してですが、親、友人など、身近な人に助けてくれる人がいないかあたってみましょう。この場合は、しっかりと助けてくれた人にお金を返さなければ、以降の関係に悪影響をおよぼすリスクがあります。場合によっては、縁を切られてしまうことも覚悟しなければいけません。

上記の方法でも返済が難しいということであれば、ほうっておくのは得策とはいえないでしょう。状況は悪くなることはあっても、よくなることはありません。このサイトでは、借金返済が苦しくなったときの悪手や、最善の解決方法をご紹介します。